ネットショップ比較ナビ 出店サポート【楽天市場・Wowma・BASEなど】

楽天市場とAmazonの違いを徹底比較!おすすめの出店場所はどっちだ

ネットショップへの出店を考えているのなら、大手サイト「楽天市場」と「Amazon」は魅力的な選択肢となります。

それぞれのメリットや特徴をチェックすれば、自分にぴったりの環境を見つけることができるでしょう。

こちらで楽天市場とAmazonの違いを比較して、最適な出店先を考えてみてください。

楽天市場の特徴

ネットショップ大手の楽天市場には、自分のお店を出したい人に向けたサービスが充実しています。

  • 自分のスタイルや予算に合わせて選べる「出店プラン」
  • 約9,870万人という膨大な会員数がお客さんになる(参考:https://www.rakuten.co.jp/ec/detail/)
  • 販売ノウハウのサポートを受けられる
  • リピーターを作るためのメルマガやクーポンの提供が可能

といったメリットがあることから、初めてネットショップに出店を行う人にもおすすめされるでしょう。

楽天市場はモール型のネットショップとなるので、実際にお店を運営していく形で販売をすることが可能です。

固定客をつけることができれば安定した収入を確保し、ネットショップを本業とすることもできるでしょう。

楽天だからこその集客力には期待ができるため、本格的な事業を始めたいのなら楽天市場は要チェックとなりますね。

Amazonの特徴

国内でもトップクラスの規模を誇るAmazonにも、商品出品型(マーケットプレイス)というスタイルで販売に参加することができます。

商品がたった1つでもあれば出品者としてAmazonに登録できるので、気軽にネットショップを始められる点が魅力です。

  • 小口と大口で選べるプラン
  • Amazonのページを利用して販売できる
  • 保証制度がある

などのメリットもあるため、魅力的な商品があるのならAmazonを利用して出品していくのもおすすめです。

ネットショップを運営したり、オリジナルのサイトを作成したりすることが難しい場合は、単純に商品を用意するだけで始められるAmazonマーケットプレイスの利用を検討してみましょう。

楽天市場とAmazonの違い

楽天市場とAmazonは、同じネットショップという形態を取ってはいるものの、そのサービス内容は大きく異なります。

特にモール型と商品出品型という違いは、出品者にとって重要なポイントとなるでしょう。

楽天市場が採用しているモール型のネットショップは、「ショッピングモールに自分のお店を出す」という販売スタイルです。

好きな商品を置いたり、専用の商品ページを作成したりできるので、ある程度自由なショップ経営を行うことができます。

1つの店舗につき1人のコンサルタントが付くのも魅力となっていて、ネットショップに詳しくない状態からでも売るための地盤を作っていくことが可能です。

たくさんのお店が並ぶなかで自分の店舗を運営していくことに興味があるのなら、楽天市場がうってつけでしょう。

一方で商品出品型のAmazonは、自分のお店を出すのではなく「商品をAmazonのページに提供する」といった販売形式となります。

気軽に1品から始められるのがメリットですが、お店に対するリピーターを作りづらく、決められたフォーマットのなかで販売するので独自性のある商品紹介ページを掲載することができません。

価格の安さ以外で商品の魅力をアピールすることが難しいので、ネットショップとして長く運営していくには厳しい面もあるでしょう。

今ネットショップを始めるなら楽天市場

楽天市場とAmazonのネットショップには上記のような違いがあるため、出品者としては自分のスタイルに合わせて利用先を選ばなければならないでしょう。

なかでも特に「自分だけのネットショップを持ちたい」「初心者だから専門のサポートを受けながら始めたい」という人には、楽天市場をおすすめできます。

楽天市場なら自分だけのお店を持ちつつ、好きな商品を自由に展開していくことが可能です。

メルマガによるアピールや楽天ポイントでの買いものを促すことができるため、サイトの集客力と合わせれば大きな利益につなげられるかもしれません。

今新規のネットショップを成功させるには、特にサービスの充実に力を入れている楽天市場を活用していくことがおすすめされるでしょう。

まとめ

楽天市場とAmazonの違いは、並べてみるとかなり大きなものであることがわかります。

どちらもネットショップを始めたい人が最初にチェックすべき代表的なサービスなので、自分に向いているサイトをこの機に確認しておきましょう。